アドベンチャー『Garena Free Fire:コブラ計画』の感想はこちら

ダウンロードはこちら↓

Garena Free Fire: コブラ計画

Garena Free Fire: コブラ計画
開発元:GARENA INTERNATIONAL I PRIVATE LIMITED
無料
posted withアプリーチ

アドベンチャー『Garena Free Fire:コブラ計画』

50人の敵の中から、最後の1人を目指す。

究極のサバイバルゲーム!

『Garena Free Fire:コブラ計画』とは

ネットの向こうにいる50人の敵たちと、無人島に降り立ち、撃ち合いや接近戦によるバトルを繰り広げ、
最後の1人なるまでを目指すゲームである。

敵は四方八方からの銃での攻撃や、遠くから狙撃を仕掛けてくる。

味方は誰もいない無人島で、1人でも多くの敵を倒していく、
これぞ究極のサバイバルゲームだ。

ゲーム開始前

ゲームを起動した直後の画面では、ショップで武器などのアイテムのほか、
ゲーム内で映える衣装も、ここで手に入れることが出来る。

課金による方法のほか、経験によって、手に入るアイテムが変わってくる。

またここではガチャやイベントなどによって、
ゲームに入る前にお得なアイテムをゲットすることも出来るので、
一度ここで足を止めて、楽しんでからサバイバルへ向かうことをお薦めする。

スタートボタンを押して、バトルを繰り広げる50人が揃えば、
トレーニングジムで待機することになる。

飛行機に乗る前の30秒間という短い時間に、決戦に向けてライバルとなる敵たちと、
ダッシュの練習や、射撃の姿勢のチェックをしておこう。

みんな黙々とウォーミングアップを続けているが、
話しかけたりすることも出来るので、意外と楽しいことも有るぞ。

無人島へスカイダイブ

時間が来ればライバルである50人と飛行機に乗っていて、
無人島へ向かうことになる。

飛行機からは、これからバトルを繰り広げる無人島が見渡せる。

当然周りは海に囲まれており、ここからは絶対に逃げることは出来ない。

上空を飛行して、しばらくすればダイブの表示が出る。

スノボーに乗って降りていくことになっており、
降りたい場所を探しながら、途中で加速や、方向転換をしつつ、
最後にパラシュートを使って目的の場所へ降下する。

島には小高い丘や、基地、武器庫、工場など、無人の戦場が広がっている。

出来ることならば、効果的な武器がある工場の近くに着地することがベスト。

同じ着地をするのであっても、
いきなり武器を持っている敵の近くに着地することは避けた方が良い。

戦いは飛行機から降り立つ瞬間から始まっていて、
先に降り立った相手が、銃を持って待ち構えていることも有るので、気を付けろ。

サバイバル島へ着地

サバイバル島へ降りたら、いきなり丸腰状態で戦うことは避けたい。

まず武器やアイテムを手に入れよう。

武器を持った相手には、とてもじゃないが敵わない。

パンチによる素手での攻撃は出来るが、それでは勝ち目がない。

建物の中には必ず武器やアイテムが置いてあるので、
とりあえずは降り立った近くにある建物に入ってみよう。

武器には、小型のピストルからショットガン、
ライフルに自動小銃といった物まで様々な種類がある。

ピストルでは飛距離やパワーが無いので武器としては物足りない。

一発で仕留めるならショットガン以上のものが必要で、
出来るなら大きめの銃を手に入れた方が良い。

8倍スコープが装備されているライフルでは、遠くから敵に分からないように、
狙撃による攻撃で、敵を倒すことが出来る。

また弾が無くなって接近戦になる場合に備えて、
フライパンや刀といった物まで用意されている。

その他に相手の攻撃に耐える防弾チョキやヘルメット、
予備の弾丸など、あれば便利な物もあるので、是非装備しておこう。

自分の気に入った武器やアイテムが揃ったら、
ようやく『Garena Free Fire:コブラ計画』のメインであるサバイバルバトルへと突入する。

誰もいない場所へ降り立ったら、中々敵と遭遇しないので、
敵の居そうな場所へ移動しよう。

ダッシュによる移動は無防備に近く、見つかる確率も高い。

周りに気を付けながら、慎重に移動しよう。

島の中には乗り捨てられた車が何台もあって、
バギーカーや乗用車、トラックなど、様々な車が存在する。

車に近づけば「運転」と表示があり、
乗り込んでアクセルとブレーキ、右折左折を操って車を操縦することになる。

車を使っての移動も有効手段の1つだ。

車であれば、敵を轢いて倒すことも出来る。

但し音がうるさいので敵に見つかりやすいことや、
建物や木が多い場所ではぶつかって思うように進めないことがデメリットだ。

画面左上の地図を活用することも、勝利への近道となる。

敵の居る場所や安全エリアといった情報も知っておくと大変便利である。

ライバル50人とのサバイバル

自分で敵を倒さなくとも、ライバル同士で倒しあって、
潰し合いをしてくれるが、やはり自分で敵を見つけ出し、
倒すことがこの『Garena Free Fire:コブラ計画』の醍醐味である。

自力で倒していかなければ、自分がやられてしまう。

やられる前にやる、それがサバイバルゲームというものである。

ピストルやショットガンといった短距離向けの銃は、
接近戦向けの武器となっている。

そのためにもダッシュで近よって、弾を発射する攻撃になる。

但し近づくことは、敵にとっても有利になるので、
分からないように近づくか、敵の攻撃をかわしながら近づくことになる。

とにかく撃ちまくって敵にドクロマークが表示されれば、倒したことになる。

また8倍スコープなど装備されたライフル銃であれば、
狙いを付けて攻撃をすることになる。

伏せて撃つ体勢や、しゃがんで撃つ体勢を選ぶことが出来る。

長距離タイプの銃では、山や建物の上などの高台から、
狙撃をすることで敵を倒すことが出来、接近戦よりも、自分が倒されるリスクは少ないことが有利である。

その他によく動く敵や、敵が目の前に複数いる場合は、
自動小銃が最も効果がある。

このように銃だけでもたくさんの種類があり、
最初はどれを使っていいのか迷うことがあるが、
ゲームを経験するうちに慣れてくる。

敵を倒すことが、この『Garena Free Fire:コブラ計画』の一番のメインでもあるので、
敵との駆け引きを是非楽しんでもらいたい。

ゲームオーバー


自分のいる場所がいつまでも安全とは限らない。

時間が経てば、安全エリアが徐々に縮小される設定になっている。

必然的に残っている敵との距離がだんだんと近くなり、
バトルをせざるを得ない状況になってくる。

ゲームの熟練者はここぞとばかりに、攻撃を仕掛けてくる。

標的になれば、画面に血が飛び散るようになる。

そうなれば物陰に隠れるか、一目散に逃げるしかない。

やられているときは、何度も画面に血が飛び散り、
何発も撃たれている臨場感が溢れている。

逃げきれず、倒され「ミッション中止」と表示されたときが、ゲームオーバーだ。

そこでプレーヤーとしては終わりになるが、
実は、ゲームオーバーとなった後もゲームが続いており、
自分を倒した相手が、どんな奴か見ることが出来る。

その相手の映像を見て、
自分とはレベルが違うことを、つい思い知らされてしまう。

まとめ

倒されてゲームオーバーとなったとしても、
一息入れたら、再びこの島へ戻ってきてバトルに参加してしまう。

降りる場所や戦う敵が違えば、また新たな展開が繰り広げられる。

何度もプレイしていれば、おのずと敵を倒せるようになり、面白さが倍増される。

とにかく止められないゲーム、
それが『Garena Free Fire:コブラ計画』の面白いところである。

今回紹介した遊び方以外でも、友達を招待していっしょに戦うことも出来たりします。

頑張って1人でも多くの敵を倒し、最後の1人になるまで生き残れ!

ダウンロードはこちら↓

Garena Free Fire: コブラ計画

Garena Free Fire: コブラ計画
開発元:GARENA INTERNATIONAL I PRIVATE LIMITED
無料
posted withアプリーチ
おすすめの記事